営業

大瀧 祐哉Yuya Otaki

必ずしも部署や
職種に縛られずにできる
仕事の幅広さを実感

現在の仕事内容を教えてください。

私の所属する営業局は、不動産クライアントを主に担当しています。入社してから3年目までは、不動産情報流通会社の広告コミュニケーション全般を担当し、テレビCMから得意先の社内資料、チラシの制作を担当し、現在はマンション販売のプロモーションを担当し、グラフィックの制作、モデルルームの設計などを担当しています。業務内容は多岐にわたり、広告会社の仕事の幅広さを感じています。特に営業の仕事は、本当にいろいろな人と仕事を進めていくため、いかに上手く調整してくか、また相手に合った話し方をする気配りを学んだと思います。

仕事のやりがいを感じるのはどんな時ですか。

街を歩いていて、自分が関わった広告や制作物が、ふと目に入ったとき。「ちゃんと出てるんだな、世の中の人の目にもたくさん触れているはず!」と思うと、この仕事に携わることができてよかったと思うと同時に、やりがいを感じます。

広告会社の営業の仕事を通して感じた事はありますか。

広告会社に入りたいと思ったきっかけはクリエイティブへの憧れでしたが、営業の仕事をしていく中で、営業でもクリエイティブ的な意見ができたり、企画アイディアを出したり、部署や職種に必ずしも縛られない仕事ができることを実感しています。これはYOMIKOならではなのかもしれませんが、今はまだしばらく営業でがんばりたいと思っています。

学生時代の勉強や経験で、今、役立っていることなどありますか。

業務が多岐にわたるので、仕事と関係ないなと思っていた知識が、打ち合わせの場で思いがけず役立ったり、話の理解につながったり。何がいつ、どう役に立つのかは分からないのですが、自分の得意分野のアンテナを常に張っていることは、仕事にも必ず活きてくると思います。

社員紹介「大瀧」
ENTRY/MY PAGE

マイページでもその他の
社員インタビューがご覧になれます。