営業

野田 直世Naoyo Noda

任せてもらった仕事には
体当たりで挑戦。
やらないと分からないことを
学べた良い経験です。

これまで担当した営業の業務を教えてください。

入社して2年間は飲料会社を、3年目から現在は食品会社を担当していますので、食品商材のプロモーションがメイン業務です。具体的にはCM制作から店頭キャンペーン、WEB施策と多種多様な案件に関わっています。先輩方と業務を行うことも多いですが、その中でも私に任せてもらえる案件も多々あります。私の役割は業務内容によって変わりますが、クライアントの要望をヒアリングし、担当スタッフにスケジュールや予算とともに内容を共有し、全体の進行がスムーズにいくよう調整することは、全てに共通していることです。

仕事のやりがいを感じる時はどんな時ですか。

やはり自分の担当するクライアントに喜んでもらえたり、信頼してもらえることが一番やりがいを感じる時かと思います。施策が成功したときの喜びを一緒に分かち合えたり、別の案件で声を掛けてもらったりすると、正直業務進行中に辛いことがたくさんあったとしても、それを忘れるくらい、「頑張ってよかった」と素直に思えます。

仕事をする上で、普段から心掛けているコトはありますか。

クライアントに提案する側として、常に新しい情報にはアンテナを張っているようにしています。クライアントも広告担当の方は情報が早いので、広告会社の私がそれに負けてしまわないよう、気をつけています。具体的には、成功した広告プロモーションの事例のほか、テレビやネット上で話題になっていることなど、できる限りチェックするようにしています。

これまで仕事を通してやりきったなと思う時はありましたか。

数年前、初めて大きな案件を自分が中心に立って進行したときかと思います。それは飲料会社の店頭販促キャンペーンでしたが、規模が大きかったので、自分が担当するにはまだ早いと、少し壁を作ってしまっていたところがありました。しかし、先輩に任せていただいたこともあり、思い切って体当たりで挑戦してみました。当然、失敗もありましたが、先輩方のサポートのおかげで、実現にこぎつけることができました。クライアントへの提案の仕方、スタッフとのかかわり方など、自分が中心に立ってやってみないと分からないことや、学んだことが多くありましたので、とてもよい経験になったと思っています。

社員紹介「野田」
ENTRY/MY PAGE

マイページでもその他の
社員インタビューがご覧になれます。