クロスメディア

冨田 薫子Kaoruko Tomita

仕事のやりがいは、
誰かの役に立てたと
感じられた時。

クロスメディア推進部での仕事内容を、教えてください。

メディア全般のセールスにおける営業支援を担う部署で、私はテレビタイムとスポーツコンテンツを担当しています。博報堂DYメディアパートナーズや媒体社の方々と向き合って仕事をする機会が多いのですが、社内の営業状況をなるべく多くキャッチし、少しでもセールスのチャンスを広げられるように、日々考えながら仕事をしています。また、入社7年目となり、後輩も増えてきたので、そのサポートも大きな役割だと認識しながら過ごしています。

仕事のやりがいを感じる時はどんなときですか。

仕事のやりがいを感じる瞬間は、仕事を通して誰かの役に立てたと感じられた時です。部署によって向き合って仕事をする相手が異なるので、「誰か」は変わると思いますが、想いは同じです。営業部に所属していた時は、クライアントの役に立てた時でしたが、スタッフ部門の現在は、社内の営業や一緒に仕事をしている協力会社の方々の役に立てた時です。

仕事をする上で、普段から心掛けていることはありますか。

月並みですが、「誠実に」、そして「笑顔で」。仕事は人と人との関係で成り立っているので、お互いが気持ちよく仕事ができるように対応したいなと思っています。

学生時代に持っていた広告会社の印象は、入社後に変わりましたか。

広告会社には華やかなイメージを持っていましたが、それはほんの数%にすぎません。地道に調整事をこなし、情報を集約し、資料を作り…そんな細かい作業にも、実際かなりの時間を割いています。ただ、みんな熱い想いを持って仕事をしているので、そこについては入社前と後でのギャップはなかったのかもしれません。

社員紹介「冨田」